知人が金沢競馬へ行くそうだ…。

「金沢でなんか良い馬いないか?」
そう聞かれたが普段交流以外は殆ど手を出すことのない金沢競馬。

うーん、難しい。
「出来れば資金を作りたいから前半レースがええな。後半はだいたい予想した」

うーん、比較難しい下級条件だけに余計に悩ましい。

個人的には配当妙味見込める混戦のレースから妙味ある狙い目を探し出すのが自分のパターン。

金沢2レースはどうだろう。
先行馬がやや手薄なメンバー構成なら好位差しで決め手生きそうな6ホーリーセクション。見返してみるとやや折り合い気掛かりなところはあるが現地の知人に聞くと普段からややテンションの高い馬。それだけに中間煮詰めすぎずに調整されているのは好感が持てる。先にも書いたが前々手薄、強敵となる馬も見当たらないここなら勝ち負けになるだろう。
相手本線はここ2走物足りぬが3走前は内容の濃い勝ちっぷりだった3シュネルスト、出方カギだが先行力ありハナなら変わり身見込める5アイペイリッチマン、距離短縮どうかも攻め強化し好枠引いた2メイショウキシドウあたり。
印は以下の通り。

◎6ホーリーセクション
○3シュネルスト
▲5アイペイリッチマン
☆2メイショウキシドウ
△1・8

朝イチだが少し遊んでみてはどうでしょう?

人気ブログランキング!参加してます!
クリック!ヨロシクお願いします!