久々のブログ更新。
注目度は低いながら11月6日(火)の13:00にはメルボルンCが発走しますね。

チェスナットコートの参戦もありJRAでも馬券の発売がありますので少し触れておきたいと思います。

まずはコース図を。

フレミントン競馬場の3200m芝コース。
ポイントとしては…

・ポケットスタートから最初のコーナーまでが長いこと。
・最初のコーナーが急であること。
・3~4コーナーが緩やかなこと。

コース形態としてはこんなところ。
芝質は中間降雨もありましたので、どれだけ影響が残るか…ということになりますがタフだと思っておいて間違いありません。

あと最もポイントとなるのは位置取り!
オーストラリア競馬は特有の流れがあり2騎隊列でレースが流れること。
簡単に言うと2列縦隊で流れていくといくとですね。
それもあって圧倒的にポジションのとりやすい内枠有利、外枠各馬は入れないと無理に出して前に入るか、後方に下げて入るしかないということ。
更に拍車をかけるのが最初の急なコーナーです。
ここは馬券のポイントとして押さえて置いてほしいと思います。

最初結論は、午前7時30分を目安にレジまぐにて公開しますので宜しくお願い致します。

メルボルンC 最終結論はここで公開します!