おはようございます。
今日は交流重賞のダイオライト記念。
少頭数の上、ルールソヴァールの回避で寂しいメンバー構成となりましたね。
馬券圏内の馬は絞られるだけにあとは馬券の買い方との勝負。
結論はどうなったのか?
予想へと参りましょう。

【阪神大賞典!現時点での注目馬は?】

【スポンサードリンク】

船橋11R ダイオライト記念 自信度☆☆
◎2アポロケンタッキー
○1ケイティブレイブ
▲3ウマノジョー
△7マイネルバサラ

◎→○▲馬単本線
○→◎馬単押さえ
◎→○▲→○▲△三連単本線
○→◎→▲△三連単押さえ
計9点

中心に考えていたルールソヴァールの回避により予想仕切り直しの上、寂しいメンバー構成となったダイオライト記念。
力量さが違いすぎるため実質、印を打った4頭の競馬となる公算が大。あとは馬券の買い方との勝負になりそうだ。
恐らく人気は1ケイティブレイブが抜けるだろうが本命には2アポロケンタッキーにした。
前走の川崎記念ではケイティブレイブの2着、一見決着ついたようにも見えるだろうがコーナーがタイトな川崎コースでは立ち回りの巧さに分があるケイティブレイブに有利に働いたことが大きい。スパイラルカーブの船橋なら早めに動いて渋太さ生かしやすく、当コースでの良績からも差はそれほどない。また川崎記念後、ここに絞ったゆとりあるローテも好感で少頭数でゆったり流れそうな長丁場も同馬にとっては好都合。鞍上は南関知り尽くす内田Jというのも心強く今回は逆転ありと見た。
相手本線の対抗には地力評価し1ケイティブレイブ。アポロケンタッキーに先着し勝利した川崎コースからのコース替わり、間にフェブラリーSを挟んだ稍タイトなローテは減点材料も最内枠でこのメンバーならすんなりハナでマイペースの公算大。転厩緒戦というのもやや気掛かりだが仕上げの腕は確かの杉山厩舎ならそこまで気にすることはないか。地力認め対抗とした。
少し捻るとしたら3ウマノジョー。スピード勝負なら分が悪いスタミナ豊富なタイプ。ルールソヴァール回避で馬券圏内のチャンス増してきたのは確か。ここはスロー濃厚だが渋太さ生かしたいアポロケンタッキーが早めに動いて行く公算が高く最後は持久力を問われる展開になりそう。そうなれば、同馬にも味方する。地方馬でも紛れて圏内は警戒すべきだ。7マイネルバサラは2400mやや長い印象であまりにも早くレース動いてスタミナ生きる流れになるのは避けたいところだろう。そのため展開には大きく左右されるのは確かだが地力からは圏内は有望の位置。あとは展開と立ち回り次第といったところか。巧く乗ればチャンスは十分あるだろう。

【スポンサードリンク】

馬産地のここでしか書けない話、レース当日の最新情報はコチラから。