今週土曜日に行われるデイリー杯2歳S。1番人気濃厚のフロンティアは信頼できるのか?

考察していきたいと思う。

まず前走の新潟2歳S1着。2着のコーディエライトを競り落とし勝ったが2着のコーディエライトは次走、そこまで厳しくないペースで粘りもうひとつ。勝負根性は認めるものの時計も平凡で相手関係からも恵まれた印象だった上にやや内にモタレており操縦性の面でもやや不安が残る。過大な評価まではどうか。

また前走で気になったのは馬具の変更だ。

表向きには余り注目されないところだが新馬戦時から変更点が見られる。

鼻革→クロス鼻革

ノーマルビット→トライアビット

新馬戦時に垣間見えた折り合い面の課題からの変更だと推測するがやや気負っているのは変わらずな上に操縦性にも疑問残ったレース内容から相手強化と見えるデイリー杯で前走以上の走りを期待となると半信半疑。また長い脚を駆使しての勝利だっただけに「他場に比べ軽い芝質の京都」+「落ち着いたペースからの上がり勝負になりやすい京都マイル」なら不安は残るところだろう。筋肉量が豊富な馬体からは想像できるところで、軽い瞬発力生きるディープ産駒と比べればやや分が悪いか。あくまで好天の良馬場なら…の推測だが。

現時点での結論は…

能力認めつつも相手までが妥当。

○~▲△(▲△が有力)といったところ。

なおテンションや折り合いなどの観点から最終追い切りは要チェックが必要だ。

最終結論は週末までじっくりと考える。